メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

2016年、「革命の年」の予感   幸福実現党幹事長 加藤文康

編集部  公開日時:2016-02-03

 

 2016年も1ヵ月が過ぎようとしています。今年は、干支でいうと丙申(ひのえさる)、これは「革命の年」とも言われており、すでにその予兆を感じさせる出来事が続いています。

 先ずは、北朝鮮による核実験。ピョンヤン贔屓の我が国・左翼マスコミは事態を過少評価していますが、今回の実験の結果、原爆か水爆かはともかく、少なくとも北朝鮮による核実験北の核技術がより進歩し、小型化に成功したと言われています。これは、核弾頭としてミサイル搭載が現実的となり、全ての日本人が「狂気の独裁者」金正恩の人質になり得ることを意味します。国の安全保障上、重大な危機です。

 一方、台湾総統選では、民進党の蔡英文主席の勝利。親中路線を標榜する国民党候補に大差をつけましたが、中国習近平政権は、台湾の独立ムードを牽制するために、圧力を強めることが予想されます。日本としても、この結果を単純に歓迎するだけでなく「台湾有事… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線