メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「リバランス」はかけ声倒れか 報告書が一石【アメリカを読む】

政界往来  公開日時:2016-01-31

 

 オバマ政権によるアジア重視のリバランス(再均衡)戦略はかけ声倒れで終わるのか? ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)がこのほどリバランス戦略を検証し、西太平洋における「空母2隻体制」の実現など具体的な提言を含む報告書をまとめた。

 南シナ海が「中国の湖」

 報告書「アジア太平洋・リバランス 2025」は軍事力の裏付けを欠く戦略では中国や北朝鮮の挑発に対処できないと警鐘を鳴らしているのが特徴だ。現状をこう記した。

 「政権のリバランス戦略への取り組みが、米国の利益を確保する上で不十分である恐れがある。中国や北朝鮮は日常的に米国の信頼性に挑戦し、地域における軍事バランスは米国にとって不利な方向に移行している」

 特に警戒しているのが南シナ海や東シナ海での中国海軍の活動により米海軍の抑止力が損なわれることだ。中国が2030年までに複数の空母打撃群を保… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線