メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

英原発建設、日本勢で1兆円 日立が企業連合

政界往来  公開日時:2016-02-15

 

 日立製作所が2020年代前半に英国で稼働する原子力発電所の建設で、日本企業が1兆円を超える事業を受注することが24日、明らかになった。総投資額が3兆円超となる4基の改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)の建設や、部品や資材の調達で、4割程度を日本の企業連合に割り当てる。国内の原発の新設計画は東京電力福島第1原発事故が起きてから止まっている。日立の日本重視の方針は滞っていた原発技術の開発を促す。

 日本のメーカーの海外の原発建設で発注まで具体化した案件は初めて。

 25日に都内の駐日英国大使館で、部品を生産したり、建屋の建設に携わったりする日本企業約40社を集めて説明会を開く。発電機器に使う材料や冷却水を循環させるポンプ、バルブなど幅広い部品を調達する。密閉性を高める技術が求められる建屋の建設も日本企業に発注する。

 英国ではABWRを設置する計画で、原子炉は日立と米ゼネラル・… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線