メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

韓国の態度が根本的に変わらぬ限り放っておけばよいと大前氏

政界往来2  公開日時:2016-02-15

 

 韓国経済はいまだに「中進国のジレンマ」から抜け出せないでいると、経営コンサルタントの大前研一氏は指摘している。中進国とは、GDPが2万ドル〜3万ドルの「先進国」手前の段階である。これらの国は、しばしば為替や労働コストが高くなって競争力を失い、GDPも3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。韓国がその状態から脱するためには何をしたらよいのか、日本は韓国とどのように接していけばよいのか。大前氏が解説する。

 * * *

 韓国の若者たちの間では新たな言葉が流行している。「ヘル朝鮮(地獄の朝鮮)」だ。超競争社会で縁故採用が跋扈(ばっこ)する韓国は、カネとコネがない人間にとっては夢も希望もない地獄であるという意味で、現地紙の『東亜日報』がいち早く報じた。

 国際情報誌『SAPIO』(2016年1月号)に掲載された韓国在住ジャーナリスト・藤原修平氏のレポートによると、「ヘル… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線