メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

トランプ氏が大統領になったら… 米国のみに依存では日本の将来は危うい

政界往来  公開日時:2016-01-31

 

 いよいよ、米大統領選が本格化する。民主党と共和党の2大政党は来月以降、各州の予備選で党大会の代表者を選び、夏の党大会で本選挙の候補者を決める。11月15日が本選挙である。

 長い選挙戦を勝ち抜くには、多額の政治資金が必要だ。2012年の前回選挙では、総額約8400億円が使われた。来月行われる4州の予備選で好成績を出せない候補には資金が集まらなくなり、撤退に追い込まれる。だから全員必死だ。

 民主党では当初、ヒラリー・クリントン前国務長官が有力視されてきたが、世論調査では現在、アイオワ州ではバーニー・サンダース上院議員と大差がなく、ニューハンプシャー州ではサンダース氏が優勢だ。

 08年の選挙でも、クリントン氏が優勢とみられていたが、予備選でオバマ大統領がしぶとく戦って民主党候補になり、本選挙で当選した。再現もあり得る。

 一方の共和党では、元大統領の父と兄を持つジ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線