メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

村上世彰氏の強制調査に想う〜付論:加藤暠氏・堀江貴文氏・江副浩正氏

政界往来  公開日時:2016-01-30

 

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家や重大事件を振り返る本連載、今回のテーマは「村上世彰氏の強制調査」についてです。山崎氏は「村上氏を擁護するわけではないが、証券取引等監視委員会や検察のやることの半ばは、正義の仮面を付けた罠であると筆者はつとに思っている」と言います。


村上世彰氏「強制調査」は東芝問題から目をそらせる意図か?

村上氏はかつてインサイダー取引の発覚により逮捕された身である。保釈後シンガポールに移住したが現在は六本木ヒルズの住人、ゆえに強制調査もやりやすい。

いまこの時期に、かつて世間を騒がせた人物の関係先に強制捜査に入り、テレビカメラにまで知らせて放映させるのは、東芝から目をそらせる姑息な手段ではないかと筆者は“ゲスの勘繰り”で思っている。

東芝は三井系の名門企業で総理大臣をも恐れさせた経団連の名会長・石坂泰三を輩出した。また、中曽根内閣と協力… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線