メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

弁護士局部切断事件 妻の悪女ぶりに法廷の空気が冷え込んだ

政界往来2  公開日時:2016-01-30

 

 11月26日、東京地裁で開かれた「弁護士局部切断事件」の第2回公判。元慶応大法科大学院生で元プロボクサーの小番一騎被告(25)が、妻(冒頭陳述ではA)が勤務していた法律事務所の男性弁護士・B氏(42)の性器を「枝切りはさみ」でちょん切った衝撃的な事件とあって、朝から大勢の傍聴希望者が集まった。
 
 抽選に通った本誌記者が傍聴席に座っていると、坊主頭で体格の良い小番被告が虚ろな表情で出廷。検察側には30歳前後に見える深津絵里似の美人検事がいた。
 
 彼女が発した「冒頭陳述」は、セックスに関する言葉のオンパレードだった。小番被告の妻とB氏(冒頭陳述では被害者)が男女関係を持つようになったのは、2014年12月のことだった。
 
 赤裸々な「性事情」の描写に法廷内は熱を帯びたが、その後明かされた妻の「悪女」ぶりに、法廷の空気は一気に冷え込んでいく。
 
 今年の夏頃から妻と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線