メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

中国マネーにひざまずく落日の大英帝国(1)

政界往来  公開日時:2015-12-01

 

英中蜜月の仕掛け人 “次の首相”オズボーンの正体

 中国の国家主席、習近平が10月19日から23日の日程で英国を公式訪問した。英国メディアは習の一挙手一投足をつぶさに報じた。しかし、昨年の香港民主化デモと同様、民主主義や人権については触る程度に懸念を示しつつも、正面切った批判は慎重に避けた。かつて7つの海を支配した大英帝国は第一次、第二次大戦を経て崩壊した。

 英中「黄金時代」の仕掛け人、英国の財務相のジョージ・オズボーン(44歳)は次期首相の最有力候補である。国際金融都市ロンドンを擁する英国が習の経済圏構想「一帯一路」と人民元の国際化を後押しし、米中・米欧関係のブローカー役を果たす構図が少なくとも今後10年は続くだろう。

 中国は国際社会で孤立するのを防ぐため、国家主席と首相が交代で頻繁に欧州に足を運んできた。米欧の間にくさびを打ちたいという中国の深慮遠謀もある。一方、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線