メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

[マンション偽装]会見せずに札束で住民を黙らせる「三井不動産」の思想と品格

政界往来  公開日時:2015-12-15

 

 膏血(こうけつ)に代えて手にした住環境をどう戻してくれるのか――。いきり立つ住民を札束で黙らせたのが、他ならぬ販売元の三井不動産レジデンシャル。そのうえ三井は、問題が公になってからというもの、記者会見をしていないのである。

「三井といえば業界でもトップ企業ですから、自分たちの過ちや姿勢を示すべき」

 と嘆息するのは、「榊マンション市場研究所」主宰の榊淳司氏である。危機管理コンサルタントの田中辰巳氏がこれを受けて、

「住民への説明が優先するのは当然として、三井の他の物件に住んでいる人たちへのメッセージも必要。だから記者会見を開く必要があるのです」

 としたうえで、こう解説する。

「三井には“売った責任だけがある”というような声も聞こえてきますが、そんなことはありません。三井住友建設という業者を選定した責任があるし、それにその仕事をチェックし、監督する義務があっ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線