メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

[東芝不正会計]株主は大損

政界往来  公開日時:2015-12-01

 

900億の赤字でも戦犯元社長への賠償請求は“慣れ合い” たったの6000万

 不正会計問題を受け、東芝は旧経営陣5名に対して損害賠償を求める訴えを起こした。しかし、請求額は“たったの「3億円」”。過去のケースに当てはめてもかなり控えめな数字であるし、1人当たり6000万円という額も、西田厚聡元相談役(71)らの資産をもってすれば、造作もなく差し出せる金額であることが窺える。

 ***

 経済ジャーナリストの町田徹氏の話。

「請求した額からは、旧経営陣をとことんまで追及したくないという東芝の姿勢が表れています。ですから、裁判も馴れ合いで終わるのではないでしょうか。本来なら、東芝は信用ならない会社だと世界中に広めてしまったのですから、金額的にはゼロが2つ足らないくらいです」

 結局、現経営陣が株主から訴えられることを避けるために、西田元相談役、佐々木則夫元社長(6… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線