メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

敵か味方か 露と駆け引き激化

政界往来  公開日時:2015-11-30

 

 ウクライナ危機を受けて、米国と欧州連合(EU)が昨年7月から実施しているロシアへの制裁措置について、欧米首脳が来年7月まで半年間延長することで合意したことが22日までに分かった。パリで発生した同時多発テロでは「イスラム国」壊滅に向けて、共闘態勢をみせる欧米とロシアだが、ウクライナ問題やシリアのアサド政権への対応などでは敵対関係にあるのが実情。今回の制裁延長はそうした現実を改めて浮き彫りにした格好だ。

 21日付ロイター通信によると、トルコのアンタルヤで15日から2日間の日程で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会合(サミット)で、バラク・オバマ米大統領(54)、アンゲラ・メルケル独首相(61)、デービッド・キャメロン英首相(49)、マッテオ・レンツィ伊首相(40)、フランソワ・オランド仏大統領(61)の代理で出席したローラン・ファビウス仏外相(69)の5人が最終日に会合を持ち、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線