メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

高倉健さん死去から1年 大阪ロケの映画DVDなど未だに人気

往来2  公開日時:2015-11-30

 

 2014年11月10日午後、大阪市中央区道頓堀の戎橋で、多くのテレビ局取材班がカメラを回していた。理由は、映画「ブラック・レイン」の日本ロケに登場した場所がここだったこと、そう、俳優の高倉健さんが同日亡くなったことが発表され、各社撮影にきていたわけだ。あれから1年、レンタルビデオ店をのぞいてみると、同作品をはじめ健さんの作品は「貸出中」が多い。同作品で大阪の撮影現場にいたという人は「同じ空間に入れただけでうれしかった」とうれしそうに当時を振り返った。


 筆者は30代後半。高倉健さんといえば、数々の映画作品が頭に浮かぶものの、「大阪」とからめて連想するとしたら、学生のころ話題となったブラック・レインが即座に浮かぶ。大阪や神戸で大規模なロケが行われたことが話題となり、当時、大阪の情報番組などで、その番組に出演するタレントが「私がエキストラで出たんです」とか「ここでロケやってるのを見… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線