メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

“あの”違法性の極めて強い建物「新宿ダイカンプラザB館」の今

編集部  公開日時:2015-11-13

 

データ改ざんで欠陥建物が全国的に発覚するなか

 横浜の大型マンションの“杭打ち偽装”発覚が、全国各地の物件に波及している。欠陥マンションの問題は、以前から取り沙汰されていたが、現在、裁判沙汰になっている物件がある。それは弊サイトが報じた「新宿ダイカンプラザB館」(東京都新宿区)だ。同ビルは違法改造によって“欠陥性の極めて強い建物”になったものだが、その裏では様々な疑惑が浮上する。


 10年前、構造計算書の偽造で1級建築士が逮捕された。これを機に、マンション建設の検査が厳しくなり罰則も強化された。

 この10年前の記憶が忘れたかのように欠陥マンションが発覚した。いま連日のように報道されている横浜の大型マンションのデータ改ざん“杭打ち偽装”だ。

 こうしたデタラメ工事はその後、全国各地の物件に広がり大騒ぎになっている。

 問題は工事に携わった企業にあるのか。下… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線