メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

中国の懐に飛び込んでしまった英国

政界往来  公開日時:2015-11-01

 

 英国のジョージ・オズボーン財務相が、英国が中国政府にとって「西側世界で最良のパートナー」になり、中国と「最高の関係」を結びたいという意向を表明したことに、反対があるとすれば一体何か。

 そもそも世界第2位の経済大国である中国と、貿易や投資を通じて堅い絆で結ばれることを望まない国はない。それでもオズボーン氏が、世界最大級の成長のけん引役である中国経済との直接取引という、多くの国々が明らかに抱いている望みを高らかに表明したことに、英国内外の批判者たちはあっけにとられたようだ。

 さまざまな点で、オズボーン氏は、すでにかなり緊密な英中の経済関係をひたすら強化しようとしている。英国の銀行は、世界のどの銀行よりも、中国に多額の貸し付けを行っている。2015年8月末の時点で、英国の銀行の中国に対する融資残高は、米銀行の融資額の約2.5倍に相当する、2212億ドル(約26兆6000億円)に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線