メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

セブン&アイ、ついに「お荷物」ヨーカ堂&ニッセン切りが始まった!

政界往来  公開日時:2015-11-01

 

 総合スーパー(GMS)が沈み、コンビニ頼みを強める――。

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の2015年8月中間決算は、その傾向がより鮮明になった。売上高に当たる営業収益は微減の2兆9949億円、営業利益は3%増の1724億円だった。営業利益の稼ぎ頭はコンビニ事業で7%増の1522億円。これに対して、主力3事業のうちスーパーストア事業の営業利益は87%減の11億円、百貨店事業にいたっては8億円の赤字だ。

 下半期も足踏み状態が続くとみて、業績を下方修正した。16年2月期(通期)の営業収益は2%増の6兆1500億円(従来予想は6%増の6兆6400億円)、営業利益は7%増の3670億円(同3730億円)となる見通しだ。営業利益はコンビニが9%増の3020億円と予想。スーパーは6%増の206億円へと上向く。百貨店も76億円の黒字になると予想している。スーパーの構造改革の効果が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線