メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

この政党は、本当に消えた方がいいのかもしれない

政界往来2  公開日時:2015-10-31

 

ヘタレ岡田民主党と維新との、参院選に向けた政策協議が続いている。

これは、選挙だけ共産党を利用し、内閣には政策不一致を理由に排除する戦術だ。

なぜ共産党を入れないか。

共産党の本気の戦争法廃止を知っているからだ。

プロレスをやめなければ、民主党は最終的に消えることになる。

民主党を潰した菅直人、野田佳彦らA級戦犯に隠れて、善人面したB級戦犯らがいる。

代表選で菅・野田を支持した連中だ。

かれらには現在の戦争に向かう状況に責任がある。

選んだ人間にも責任はあるのだ。

その無責任が、小沢一郎排除に機能し、今は共産党排除と戦争法護持に機能している。

選挙のときだけ小沢一郎を利用する。

政権交代を果たしても内閣に入れない。

選挙のときだけ共産党を利用する。

政権交代しても内閣に入れない。

プロレスがやれないからだ。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線