メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

厚労省職員 マイナンバーで収賄 警視庁逮捕、100万円授受の容疑認める

政界往来  公開日時:2015-10-15

 

 マイナンバー制度導入に向けたシステム整備事業をめぐり、IT関連会社が受注できるよう便宜を図った見返りに現金100万円を受け取ったとして、警視庁捜査2課は13日、収賄の疑いで、厚生労働省情報政策担当参事官室の室長補佐、中安一幸(なかやす・かずゆき)容疑者(45)=さいたま市大宮区三橋=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は2011年11月、社会保障分野の番号制度に関するシステム整備事業2件の企画競争で、東京都千代田区のIT関連会社が受注できるよう便宜を図った見返りに、当時のこの社の社長から賄賂として現金100万円を受け取った疑い。社長の贈賄容疑は既に時効(3年)が成立している。

 捜査2課によると、賄賂は中安容疑者が要求したとみられる。IT関連会社は2件の事業を計約2億1000万円で契約した。中安容疑者は、本来は発注元の厚労省が作成する仕様書の原案をこの会社に作らせていた… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線