メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

消費者の目を曇らせる 「保険で老後資金を準備」

政界往来2  公開日時:2015-10-31

 

 「続けないほうがいいのかもしれないとは思うんですが、悔しくて決心できないんです」。加入中の「終身保険」の解約について相談に来られた人の言葉です。その通りだろうと感じます。

 その方は、昨年、40歳になったときに外資系保険会社の営業担当者から「老後資金の準備」の目的で終身保険を勧められ、加入しました。月払い保険料は2万3000円弱。「65歳まで解約しなければ、総額約680万円の支払いに対して757万の払戻金がある。111%強の払戻率は『個人年金保険』より魅力的」と営業担当者は説明したそうです。

 65歳以降のお金の殖え方が評価ポイントとなって加入しましたが、1年経過したいま、考え方が変わったといいます。「年間30万円近い保険料を払い続けるにもかかわらず、65歳までに解約したら、どの時点でも払戻金がマイナスになるのは大きなデメリットではないか」と思い始めたのです。そして、「現時点… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線