メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

キナ臭さが漂うみずほ銀行行員間のレイプ・スキャンダル

編集部  公開日時:2015-10-14

 

 不祥事続きの「みずほ銀行」。幹部行員の巨額詐欺事件に続き、エリート行員が起こした準強姦事件だ。前者がすでに判決が下ったが、後者の方は裏に隠された企みがある気配だ。


 みずほ銀行幹部社員の及川幹雄の巨額詐欺事件は、9月25日に東京地裁で懲役7年の実刑判決が下った。及川の事件とともに、みずほ銀行のエリート行員が起こしたスキャンダルとして注目されている準強姦事件がある。

 2月9日発売の週刊ポスト(2月20日号)で報道され、6月の株主総会でも1部株主から追及され、みずほ銀行経営陣も事件の存在を認めている。
 
この銀行職員間のレイプ・スキャンダル。仔細に調べると、一筋縄ではいかない何やらきな臭い背景もありそうなのだ。

 まず、週刊ポストに書かれた記事<酔いつぶれた私はみずほ幹部行員に暴行された>では、みずほ銀行の都内の支店(株主総会の質問では新橋支店)に勤務する3… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線