メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

大村智さんノーベル賞受賞、背景にある日本人の心

政界往来2  公開日時:2015-10-15

 

成果や実績を求めるのではない、ファクトへの飽くなき追究

 大村智さんのノーベル医学・生理学賞受賞の報を耳にして、最初に思ったのは「ファクト」の大切さ、人材育成で考えるなら「本物教育」の重要性です。

 本当の意味で「純日本産」のノーベル医学・生理学賞という意味では、大村さんのお仕事が明らかに最初のものと言うことができるかもしれません。

 また、世界が認める日本の価値は「ファクト」にあって「イリュージョン」にあるわけではない、という点からも、大村さんのお仕事と評価は多くを示唆しているようにも思います。

 そんなあたりを振り返ってみましょう。

丹念な仕事で「ファクトを発見」

 大村教授のノーベル賞受賞業績は「寄生虫によって引き起こされる感染症の治療」を開発したことで、これによって全世界で10億人以上の人命が救われた「測り知れない貢献」であると賞賛されています。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線