メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

TPPという名の「中国以外は誰でも歓迎クラブ」

政界往来  公開日時:2015-10-31

 

中国不参加ならば、通商協定の皮をかぶった封じ込め戦略

 今週合意された環太平洋経済連携協定(TPP)を巡って秘密主義的な交渉を何年も続けてきた参加国は、その間ずっと、TPPの狙いは中国外しにあるとの指摘を受け流してきた。TPPの支持者らは、「中国以外は誰でも歓迎クラブ」ではないと大声で言い切ってきた。ひょっとしたら、その声は大きすぎたかもしれない。

 支持者たちの主張を信じることは難しかった。

 彼らは気が緩むと、経済ではなく地政学の観点からこの新しい協定について語ることが多かったからだ。

 リアルポリティーク(現実政治)の観点から見たTPPは、米国政府による軍事面での「アジアへのピボット」を経済面から補強するものであり、中国の復活に直面するアジアの同盟国に米国をさらに緊密に結びつける1つの手段だった。

 米国の外交問題評議会(CFR)から過日発表された話題の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線