メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

五輪目指して「就活」 トップアスリートの挑戦

政界往来2  公開日時:2015-10-31

 

「就職か、それとも引退かーー」。現役ピークを過ぎたアスリートの言葉ではない。まだ20代前半、これからの活躍が期待される国内トップアスリートの口から出た言葉だ。メダルを期待されるほど華々しい実績を残しても競技が続けられない。2020年の東京五輪に向けて高まるスポーツ熱の陰で、もがくアスリートたちがいる。

「競技と生活」が両立可能にする事業

9月28日、東京五輪の追加種目候補が発表された。選ばれたのはサーフィンやスポーツクライミング、空手など5競技18種目。正式種目として採用されれば日頃、目にする機会が少ないスポーツがオリンピックの舞台で脚光を浴びることになる。

だが、正式種目に選ばれたとしてもスポーツ一本で生計を立てていくことのできるアスリートはごく一握りだ。プロリーグがない種目ともなれば、生活との両立はさらに厳しい。20代前半で早くも「引退」を意識する選手もいる。

… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線