メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「黒田電気」に 揺さぶりを続ける村上世彰・絢父娘

編集部  公開日時:2015-10-04

 

臨時株主総会で一敗地に塗れるも、今後も

“あの”村上世彰氏が株式市場に舞い戻ってきた。その標語にされたのが、東証1部上場会社「黒田電気」。前面に立つのは村上氏の長女・絢氏だ。割安銘柄を買占め、経営陣に株主還元を迫るやり口は相変わらず。その一方で、アコーディア・ゴルフクラブの株を多量に抱えており、また不動産投資に失敗、資金の余力はないとの指摘もある。


 通産官僚出身の異色投資家として「村上ファンド」を率い一世を風靡した村上世彰氏。06年6月にインサイダー取引きの容疑で逮捕され、懲役2年(執行猶予3年)の実刑判決を受けた。
 その後、村上ファンド手仕舞し、自身はシンガポールに居を移し、日本との間を往復していたが、再び“物言う株主”として戻ってきた。
 その拠点となったのが金融会社の「レノ」(東京港区)。
「村上ファンド時代の部下だった三浦恵美氏が表の顔として、村上氏は裏で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線