メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

戦争巻き込まれ論 「つまり、参戦するということである」扇動的表現で不安あおる朝毎

政界往来  公開日時:2015-10-01

 

産経「本質をすり替えるな」

 集団的自衛権行使を容認する産経、読売、日経と、反対する朝日、毎日との間で全国紙5紙の論調は二分されたが、今回、思わぬ論点が浮上した。

 それは朝毎が仕掛けた「戦争巻き込まれ」論という、行使への否定的なキャンペーンだった。

 この感情に訴える「巻き込まれ論」の手法は、昭和35年の安保騒乱時の社説でも噴出しており、興味深い事例といえる。

 朝日は平成26年5月16日付で「参戦」という表現を使った。安倍晋三首相の諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(法制懇)が、集団的自衛権の行使を容認する報告書をまとめたことを受け、「日本が攻撃されたわけではないのに、自衛隊の武力行使に道を開く。これはつまり、参戦するということである」と書いた。

 6月5日付でも「自衛隊員が戦闘に巻き込まれる可能性は格段に高くなる」とした。

 毎日… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線