メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

詐欺会社「Vi-Holdings」の消えた巨額の金を追う

編集部  公開日時:2015-09-24

 

大阪に続き東京でも「被害者の会」結成か
いよいよ追い詰められた高野、松並のV社の首謀者たち

 秋も深まったシルバーウィークのまっただ中の9月20日、詐欺会社「Vi-Holdings」(以下V社)の被害者が、都内の喫茶店に集まり「被害者の会」結成に向けて打ち合わせ、その準備を進めた。最終的には“黒幕”高野真樹、V社の社長・松並利幸らを刑事告訴にもって行く方向だ。こうした動きは全国各地で散見され、いよいよ高野、松並は土俵際まで追い詰められた格好だ。


 この日、集まったのは中心人物であるN氏を含めて5人。被害額はそれぞれ200万円ほどで、なかには2000万円も出資した人もいた。

 1年足らずのうちに、約3500人の会員を集めた(金額にして40億円以上)のに、集結した被害者の数が少ないように思われるが、
「賛同する方々は沢山います。ところが実際に行動に移すとなると、信頼す… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線