メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

攻め貫き「史上最高」逆転劇 ラグビーW杯 日本、南アに歴史的勝利

政界往来2  公開日時:2015-09-30

 

 桜のジャージーが左サイドいっぱいに飛び込み、ロスタイムの勇気ある逆転劇が成ると、スタジアムは「ジャパン」コールの熱狂に包まれた。ラグビーの世界一を決める第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会の日本(世界ランキング13位)は19日、英国南部ブライトンでの1次リーグB組初戦で、過去2度優勝の強豪南アフリカ(3位)に34-32で逆転勝ちし、歴史的勝利を挙げた。日本のW杯での勝利は、1991年大会以来24年ぶり(19試合ぶり)で、通算2勝目。世界を驚嘆させたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は「W杯史上最高のゲーム。最後まで相手に向かっていってくれた」と選手をたたえた。

 ■「相手より走り勝った」

 日本は前半7分にFB五郎丸(ヤマハ発動機)のPGで先制。フランカーのリーチ主将(東芝)のトライなどで10-12と競り合って折り返した。後半も再三リードを許し、一時は7点差を… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線