メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「不都合な歴史」明治を封印するアンポ反対派の「昭和好み」

政界往来  公開日時:2015-09-30

 

《日露戦争/1904〜05年》は大日本帝國陸海軍の大胆にして細心なる戦略・作戦・戦術や勇敢な将兵に加え、集団的自衛権《日英同盟/02〜23年》も効力を存分に発揮し勝利をつかむ。二等国=日本と超一等国=大英帝国の不釣り合いな同盟締結は《義和団の乱/00〜01年》におけるわが国の天晴れな振る舞い&実績に英国が驚嘆した結果でもあった。同盟は、敵対国との《世論戦》を制す一因ともなった。アンポ反対派はこうした明治の「不都合な歴史」を封印、作為的に昭和の暗部を特出しし、安全保障関連法制に「戦争法案」のレッテルを貼る。

●絶大な意義の「日英同盟」

 「安倍辞めろッ。バカかお前は!」

 アンポ反対デモではお下劣な言葉も飛び交うが、日英同盟締結を受けた「デモ」は品格が伴った。慶應義塾関係者が日英国旗や塾旗を掲げ、1000人単位で本拠地の東京・三田?宮城?英国大使館?外務省を行進。「万歳っ」… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線