メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

米利上げ見送りで日銀に「試練の秋」

政界往来  公開日時:2015-09-30

 

かつて、これほどまで米金融政策に対する市場の見方が二分したことがあっただろうか。異例の状況下で迎えた9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)は結局、利上げを見送った。

FOMC声明文とイエレン連邦準備理事会(FRB)議長会見は、予想以上にハト派の印象を与えるものだった。株式相場が混乱した8月以降、主要な国際金融会合を欠席し、公の場に登場しなかったイエレン議長の発言は慎重過ぎた。

筆者は昨年末に2015年の最重要案件は米金融政策の正常化と考えていたが、その実現のハードルはまだ高いようだ。世界経済のけん引役である米国でさえも、金融政策の正常化ができない現実が示され、株式市場は不安定な相場から抜け出す機会を失ったように見える。

今回のFRBの対応は、市場との対話の難しさを改めて露呈したが、今後の日銀、欧州中央銀行(ECB)の政策判断にも影響を与える可能性があろう。

<10月… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線