メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

習近平はどんな決意でオバマとの会談に臨むのか?

政界往来  公開日時:2015-09-30

 

なんとしてでも築きたいアメリカとの新たな関係

 中国の習近平国家主席は9月にアメリカを訪問し、オバマ大統領と公式会談を行う予定である。世界情勢は不確実性が増しており、このタイミングでの米中の首脳会談が特別な意味を持つものになることは間違いなさそうだ。

 2010年、中国経済は日本を追い抜いて世界で2番目の規模を誇るまでになった。米中は「G2」として世界を牽引するようになるとも言われ、中国はアメリカに対して「新型大国関係」の構築を提案している。しかし、新型大国関係が具体的に何を意味するのかははっきりしない。アメリカは中国とどのように向き合うべきかを模索しているが、結論は出ていない。

 中国が提案する新型大国関係にストップをかけたのは、ロシアによるクリミアの併合である。ロシアは、親ロシア政権が倒されたクリミアに進入し、事実上クリミアを併合した。それに対して欧米諸国は対ロシア制… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線