メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

ヨーカ堂、店舗の2割閉鎖 総合スーパーに転機

政界往来  公開日時:2015-09-30

 

 セブン&アイ・ホールディングスは2020年2月期までに、傘下のイトーヨーカ堂全店舗の2割にあたる40店を閉鎖する方針を固めた。ヨーカ堂は衣料品を中心に販売が振るわず、業績が低迷している。2017年4月には消費税率の再引き上げが迫っており、地方の不採算店などを閉鎖、都市部の店舗に経営資源を集めて収益改善を急ぐ。

 食品や衣料品などを幅広く扱う総合スーパーを巡っては、ユニーグループ・ホールディングスが最大で50店舗程度を閉鎖する方向で検討に入った。イオンは総合スーパー事業で16年2月期に前年比15%増の650億円を投資して、既存店の活性化を進めている。規模や品ぞろえを武器に集客してきた店舗の運営は転機を迎えている。

 ヨーカ堂は総合スーパーや食品スーパーを全国に181店持つ。セブン&アイは不採算店や老朽化した地方の総合スーパーを対象に、16年2月期中にまず数店、その後は20年2月… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線