メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

問われる五輪

政界往来2  公開日時:2015-09-16

 

 新国立競技場の建設計画見直しに続いて公式エンブレムの使用中止。海外に向けて発信した東京五輪のシンボルが相次いで別のものに替わるという異例の事態だ。おかげで報道は五輪絡みのゴタゴタ一色。集団的自衛権や安全保障関連法案に関する記事は、隅に追いやられた形となっている。
 競技場もエンブレムもたしかに重大な問題だが、こと五輪に関して言えば、本質的な議論が忘れられているように思えてならない。そもそも、東京五輪を招致するにあたって掲げたテーマは何だったのか――。

忘れられた東北の「T」

 件のエンブレムが公表された際、違和感を覚えた記憶がある。デザイン化されたのは東北の「T」ではなく東京の「T」。招致の柱となった「復興五輪」の精神が、どこにも感じられなかったからだ。新国立競技場にしても、話題にされてきたのは奇抜なデザインと膨らんだ整備費のことばかり。「復興」とは無縁の五輪狂想曲に、ウン… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線