メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

がん論争が「文春VS新潮」の様相 近藤医師「放置療法」めぐり白熱

政界往来  公開日時:2015-09-16

 

がん治療について「手術は受けるな」「抗がん剤は効かない」といった刺激的な持論で知られる元慶応病院放射線科の医師、近藤誠氏(66)の主張をめぐって週刊誌上で論争が続いている。

近藤氏の主張を批判する新潮新書を紹介する記事が週刊新潮に載ったのをきっかけに、同新書の著者と、文春新書で本を出している近藤氏が、週刊文春誌上で対談。さらにその対談をめぐり、2人が互いを批判するという「延長戦」に入っている。

「本物のがん」と「がんもどき」論

発端は週刊新潮2015年7月9日号に「『がんは放置しろ』という近藤誠理論は確実に間違っている!」と題して掲載された記事だ。記事では、15年3月まで東大医学部附属病院の肝胆膵外に所属していた外科医、東京オンコロジークリニックの大場大院長(42)が、自らの著者「がんとの賢い戦い方『近藤誠理論』徹底批判」(新潮新書)の要点を説明する形で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線