メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に

政界往来  公開日時:2015-09-01

 

「マリフアナツーリズム」がビジネスとして広まる兆候は、マリフアナ愛好者にとって伝説的に重要な日である(2014年の)4月20日に現れた。この日、ある旅行予約サイトでは、コロラド州「デンバー」の検索が前年に比べ75%近く急増した。その数カ月前、嗜好(しこう)品としてのマリフアナの使用がコロラド州で合法化されていた。

 ホテル予約サイト「ホテルズドットコム」によると、今年4月20日にも同じ現象が起きた。「420」というのはマリフアナの俗語で、1970年代のカリフォルニア州北部の若者と麻薬文化に端を発している。

 現在、嗜好品としてのマリフアナの使用はコロラド、ワシントン、オレゴン、アラスカの各州とワシントンDCで合法化されている。医薬品としてのマリフアナの使用は全米の23州のほか、ワシントンDCで合法になっている。こうした地域では、痛みや吐き気といった症状改善のためマリフアナが使用… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線