メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

勝っても勝てなくても、それぞれに前進

往来2  公開日時:2015-09-01

 

米ツアーのレギュラーシーズン最終戦、ウインダム選手権は、成績不振に苦しむ選手たちがフェデックスカップランク125位以内に食い込んで来季シード権と来週からのプレーオフ出場権を目指すラストチャンスの大会。そんな意味合いのせいもあり、この大会は毎年、地味で静かだった。

だが今年は、タイガー・ウッズの初出場でお祭り騒ぎとなり、そのウッズが首位へ浮上した2日目からは世界中から注目を浴びる大会と化した。ウッズがフェデックスカップランク187位を一気に上げて125位以内へ食い込むためには優勝以外に道はない。不調に喘ぎ続けてきたウッズが優勝する可能性は言うまでもなく低かったが、そのウッズが首位に立ったことで世界中のファンが奇跡を祈った。

しかし、ウッズは3日目から徐々に失速。最終日は11番の第3打をシャンクさせてトリプルボギーを喫し、続く12番もボギー。世界が祈った奇跡は、起こらなかった。
… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線