メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

自民党止まらない「オウンゴール」暴言議員の未公開株トラブル、党重鎮の不倫隠し撮り

政界往来  公開日時:2015-09-01

 

安倍首相を悩ます自民党議員たちの「暴走」が止まらない。『週刊文春』が武藤貴也衆議院議員(36)が未公開株の購入をめぐってトラブルになっていると報じたが、すぐに谷垣禎一幹事長が「調査する」と反応し、武藤議員は「党に迷惑をかける」という理由で離党届を出して即刻受理された。

経緯を簡単に紹介するとこうだ。武藤議員が学生時代の知人A氏に「値上がり確実なソフトウエア会社の新規未公開株を国会議員枠で買える」と相談し、資金を集めてくれと持ちかけた。A氏は23人に声を掛け4000万円以上集め、武藤議員の秘書の口座に振り込む。だが、件の秘書は上場前日に「買えなかった」と連絡をしてきた。したがって振り込んだカネは返すのが当然だが、週刊文春によるといまだ投資家6人に約700万円が返済されていないという。

これを読むかぎり、政治家にあるまじき筋の悪いスキャンダルである。選挙区では「議員… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線