メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

正直者が損をした? 内定者10人覆面座談会

政界往来  公開日時:2015-08-31

 

今年の就活は、学業優先を名目にした採用スケジュールの変更で、選考の解禁が4カ月後ろ倒しになった。「面談」などと称して水面下で進む採用活動や、内定を出すかわりに就活を終わらせるように迫る「オワハラ」、内定辞退の悩み――。学生たちは「8月解禁元年」をどう乗り越えたのか。内定者10人に座談会形式で本音を語ってもらった。


■「辞退できると思ってる?」

――運命の8月1日から数日たちましたが、内定は獲得できましたか。

 東大A君 「8月に入ってすぐ、メガバンク2行からもらいました。解禁前も選考には関係ないと言いながら面談に呼ばれ続けました。実質的な選考だとうすうす気づいていましたが、謎だらけ。正直者がバカを見る感じ」

 私大Bさん 「鉄道、メガバンクなどを中心に20社エントリーして9社から内定をもらい、7社は選考の途中で辞退。最終的に鉄道に決めました」

 一橋大C君… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線