メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ネット上で他人を抹殺

政界往来  公開日時:2015-08-31

 

 「IwillKillYou(あなたを殺します)」-。米ラスベガスで、こんな物騒なタイトルの講演会が開かれ、ネット上で他人を完全に“抹殺”する方法が紹介され、欧米に衝撃が広がっている。欧米ではネット上で死亡届など公的書類を提出できるシステムを運用している国もあるからだ。医師や葬儀業者になりすまし、偽造した死亡届を出すという、極めてシンプルな手口だけに、関係者は犯罪や復(ふく)讐(しゅう)を誘発すると警鐘を鳴らす。日本でもサイバー攻撃や情報流出被害が深刻さを増しており、決して対岸の火事ではない。

 デジタル化進む欧米衝撃

 講演会は、1993年から毎年この時期に開かれているハッカーの国際イベント「デフコン23」の一つとして行われた。

 AFP通信や豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)などによると、講師は、豪メルボルンを拠点に世界的なビジネスを展開するコンピューター・… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線