メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

櫻井よしこ氏「アジア安保会議・米議会の安倍演説は未来志向」

政界往来  公開日時:2015-08-31

 

 戦後70年を迎える今夏、中国・韓国の対日工作は、激しさを増している。だが、中韓で「慰安婦強制連行40万人説」が生まれるなど、新たな“嘘”も生まれている。ジャーナリスト・櫻井よしこ氏と作家・井沢元彦氏が、中韓両国の欺瞞に対し、日本の採るべき道を語り合った。

井沢:私は以前から日本の情報発信力の弱さを指摘してきました。対外情報発信の専門機関などを作るのは急務です。そして中韓に対抗するために、日本の立場を国際社会に発信すべきです。

櫻井:同感です。それなのに外務省は500億円もの予算を使ってロンドンやロサンゼルスなどにアニメや和食を紹介する「ジャパン・ハウス」を作るのです。すでにアニメも日本食も世界中の人たちが歓迎しています。500億円の一部は情報発信にも使われますが、ジャパン・ハウスの発想はおかしい。

井沢:朴槿恵大統領はトップセールスで日本の悪口を世界中で言っているのだか… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線