メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

韓国はいかにして竹島を奪ったか

政界往来  公開日時:2015-08-16

 

「朝鮮人は嘘をつく。まだシナ人の方がましでしたよ」とは、戦前の半島に暮らした老婦人の言葉だ。日韓条約締結から50年たった今も、韓国は竹島を「固有の領土」と主張し、都合のいい歴史を創作する。そう、彼らは何も変わっていない。説明するまでもなく、竹島は日本固有の領土である。


半島人は嘘をつく

「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の際にも韓国が見せた嘘と裏切り。憤慨する日本国民を尻目に、韓国は「日本は強制的に多くの朝鮮人にタダで過酷な労働をさせた」と喧伝している。

戦時徴用はいわば世界共通のもので、少なくとも日本では法律に基づいて行われ、給与や厚生面などは終戦の混乱期を除き適宜管理されていた。
 徴用の法律である国家総動員法の国民徴用令は、内地では昭和14年4月から実施されたものの、朝鮮人への適用は当初免除され、実施は5年半後の19年9月からだった。しかも朝鮮から内地へ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線