メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

東芝の不正会計 「私はやっていない」と否定する社長の真意

政界往来  公開日時:2015-07-30

 

 1518億円に及ぶ不適切会計処理が発覚し、組織ぐるみの利益水増し工作が疑われている東芝。だが、7月21日に開かれた記者会見では、経営陣の一斉辞任が発表されたものの、田中久雄社長が関与を頑なに否定するなど、責任の所在は分からずじまいだった。

 不正会計を調査した第三者委員会は、利益至上主義に走った佐々木則夫前社長(副会長)だけでなく、田中社長も2013年8月ないし遅くとも2014年3月ころには利益の嵩上げを認識していた――と報告している。

 にもかかわらず、田中社長は会見で「第三者委員会の調査報告書は真摯に受け止める」と繰り返しながらも、「私自身は不適切な会計処理がされていたとは認識しておりません」とキッパリ。部下に対して不正を指示したのではないか、と詰め寄る記者の質問には「ございません!」と語気を強める一幕もあった。

 この期に及んで責任逃れとも取れる発言に終始したのは… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線