メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

年金情報流出問題、次はあなた

往来2  公開日時:2015-07-31

 

 梅雨は情報漏洩の季節なのかもしれない。

 一昨年の2013年5月には、ヤフーが標的型攻撃により最大2200万件のIDが盗まれた可能性を公表。昨年7月には、ベネッセコーポレーションが管理する最大2260万件の顧客情報が、内部犯行で持ち出されたことが明らかになった。そして今年6月1日には、日本年金機構が標的型攻撃に遭い、少なくとも約125万件の年金情報が流出したことが分かった(写真1)。

騒ぐマスコミ、黙る機構

 いずれも大きなインパクトがあった事案だが、今回の年金情報流出問題は公的年金という国民がほかの手段を選べない制度にもかかわらず約101万人にも被害が及んだ点で、ことさら注目度が高い。だからこそというべきか、にもかかわらずというべきか、機構ならびに機構を管轄する厚生労働省からの情報開示は積極的とは言い難い。

 一方で、マスコミでは「新事実」の抜きあいで盛り上がっ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線