メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

株式市場、気になる中国経済の減速

政界往来  公開日時:2015-07-16

 

 中国株の急落とギリシャのユーロ離脱懸念という2つの山を乗り越え、世界の株式相場は戻り歩調をたどっている。東京株式市場でも日経平均株価が2日間で600円強値上がりし、6月24日に付けた年初来高値からの下げ幅に対する半値戻しを達成した。東京市場の焦点は下旬から始まる上場企業の4〜6月期決算に移る。好業績を確認できれば、一段高に向かいそうだが、「中国経済の減速の影響が気になる」(運用会社)との見方もある。

 ギリシャは14日満期の円建て債(サムライ債)116億円を期日通りに償還し、債務不履行(デフォルト)の危機を回避した。次の関門は15日までに国会が財政再建策を法制化するかどうかだ。ドイツをはじめ債権者側のギリシャ不信は相当なもので、首相だけでなく国会からの確約を得なければ、第3次財政支援の協議に応じられないという強い姿勢に出ている。

 20日には欧州中央銀行(ECB)保有の国債3… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線