メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

Vi-Holdings 詐欺事件を追う 第5弾!

編集部  公開日時:2015-07-11

 

次から次と詐欺の手口を繰り広げる高野真樹

 約44億円の金を集めパンクした詐欺会社「Vi-Holdings」(以下V社)。同社を実質的に支配していた高野真樹は「よくまあ次々と悪知恵が出てくるものだ」と感心するほど、会員に対して次から次と“アイデア”を進言しているが、そこかしこに詐欺師の顔が浮かび上がってくる。


 “犯罪使用口座”として、当局に“認定”されたV社の凍結された約4億円の銀行口座。それを巡っての高野とアイル(V社の前に高野が経営していた、やはり詐欺会社)の被害者代理人弁護士との“攻防”について前回述べた。

 そんななか、高野グループの中山、森井は偽装した債権を細分化、これを会員(被害者)に譲渡して、直接銀行に交渉するよう促した。

 しかし、これもご破算となり今度は中山、森井自身が銀行に訴訟を起こした、という。しかし、ネタは偽装された債権だ。結果は火を見… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線