メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

みずほ銀行株主総会――第一勧銀時代からの“クサレ縁”本間美邦税理士を追及

編集部  公開日時:2015-07-11

 

 波乱が予想された「みずほ銀行」の株主総会が“無事”終了した。だが本間美邦税理士を追及するシーンがあった。この本間税理士、弊サイトではかった日本中央競馬会の新宿場外馬券場を舞台にした“騒動”で、黒幕として報じた人物だ。また、みずほ銀行の例の“及川事件”でも暗躍した。とにかく本間―みずほは第一勧銀からのクサレ縁の間柄だ。


 みずほFG第13期定時株主総会は、6月23日(火)に開催された。様々なスキャンダルが発覚して注目されていたが、特に波乱もなく昨年より1時間ほど早く終了した。

 だが「みずほ銀行の不正を糾す」という碓井雅也行政書士から本間美邦税理士の名前を出されて、経営側が狼狽する一幕もあった。

 碓井の質問の趣旨は、
「及川幹雄事件とも関係がある黒幕の本間美邦という麹町にいる税理士は、第一勧銀の時代から不良債権の飛ばしをやってきたという。
 また銀行内部での循環… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線