メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

毎年20億円の赤字!「迷走」新国立競技場問題を新聞各紙はどう伝えたか?

政界往来  公開日時:2015-07-16

 

7月7日に明らかになった、新国立競技場の2,520億円という膨大な総工費。当初の予定1,625億円から実に895億円も膨らんだことになります。この件について新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが『uttiiの電子版ウォッチ』で分析、各紙の姿勢などについて記しています。

新国立競技場問題、新聞各紙はどう伝えたか

各紙、1面トップは「新国立競技場」問題で揃いました。というわけで、「明治日本の産業革命 世界遺産登録」で揃った一昨日のやり方に倣(なら)い、まずは【基本的な報道内容】を記し、続いて【見出しの比較】を行いたいと思います。

【基本的な報道内容】

2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場建設計画について、日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、巨大なアーチ構造の現行デザインのまま、総工費2,520億円で工事を進めることを… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線