メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

疑惑の人物・田中英壽氏がJOC副会長に再任

編集部  公開日時:2015-07-02

 

極めて不透明なJOC理事再任の仕組み

 暴力団組長とのツーショット写真や脱税問題など、なにかと疑惑が指摘されている田中英壽日大理事長。同氏は日本オリンピック委員会(JOC)の副理事長を務めていたのだが、このたび再任された。ハタから見ると「なぜ疑惑の人物が」となるのだが、そこには不透明な“再任の仕組み”があった。


 先月23日に東京北区西ヶ丘のナショナルトレーニングセンターにおいて、JOC評議委員によるJOCの役員改選が行われ、現会長の竹田恒和氏(67)ら理事30人、監事3人を改選している。

 2004年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏が、新任理事になったことが話題となったがもう一つメディアの注目を集めていたのが、JOC副会長の田中英壽日大理事長の再任問題である。

 田中副会長は、昨年末に暴力団山口組の司忍組長と一緒に写った写真が海外誌で報道され… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線