メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

怪物・カマチグループ創設者、蒲池真澄氏(2)

往来2  公開日時:2015-07-30

 

事業魂が閉塞感を打開するシリーズ

蒲池真澄が語る、これからの10年。

 昭和49年、19床でスタートした下関カマチ病院から40年。
 カマチグループは病院22、学校7を運営する医療法人として成長してきました。
 これからは回復期のリハビリテーションにも一層力を入れ、今後首都圏で10〜20の回復期医療施設を新設し、高齢化社会の医療に携わる者としてスタッフ一同、最善の努力を続けます。

 下関カマチ病院を開院したときから「厚生省(当時)の政策を10年先取りして動かねば」と考えてきました。当時、救急対応していたのは当院と久留米の聖マリア病院くらいで、普通に治療をすれば助かる患者さんが手遅れで亡くなっていました。国内で事故に遭えば、ベトナム戦争の戦場よりも死亡率が高かったのです。小倉に小文字病院を開設し、よその病院が受け付けない患者さんを、うちの技術と医学知識で治療し、全体をレ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線