メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

ワタミ、メニュー戦略に株主の不満が噴出

往来2  公開日時:2015-07-01

 

社長が9月からの新方針を説明

「昨年11月にお送りした『株主ふれあい通信』でお伝えした総会開催日の予定を変更することになりました。株主の皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」ーー。ワタミの株主総会は清水邦晃社長のお詫びから始まった。

居酒屋「和民」などを手掛けるワタミは6月22日、東京港区のTKPガーデンシティ品川で第29回定時株主総会を開いた。当初、6月28日の日曜日の開催を予定していたが、「2期連続での厳しい業績を重く受け止め、会場費の削減を優先すべき」(清水社長)との理由から、平日開催に変更された。実際、過去2期の業績悪化は急だ。2014年3月期の営業利益は前期比で約7割減。2015年3月期はさらに悪化して、上場以来初の営業赤字に転落。減損損失も響き126億円の最終赤字となった。

9月以降のメニュー戦略を公言

質疑応答に入る前の事業報告で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線