メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

地球の裏側からも誤報の抗議 朝日一面トップがまた間違い

政界往来  公開日時:2015-06-16

 

〈朝日新聞が本紙に謝罪=抗議受け、誤報認める=週明け、訂正記事掲載へ〉

 6月6日、ブラジル・サンパウロで邦字紙を発行するニッケイ新聞のネット版が、こんなニュースを流した。

 問題になったのは、6月1日夕刊一面トップで報じた記事。〈悩める邦字新聞〉、〈苦境 南米で日系人口減少〉の大見出しが躍り、南米各地で邦字紙を発行する新聞社の経営環境が購読者の減少などから悪化している、と報じている。

 誤報と指摘されているのは、〈南米で日系人口減少〉の見出しだ。朝日に抗議したニッケイ新聞の堀江剛史記者が説明する。

「移民世代の日本人が減少していることは事実ですが、日本人の血を引くことが日系人であるとするならば、日系人は増加の一途を辿っています。今回の記事はサンパウロに駐在する朝日記者が書いたものですが、『邦字紙の読者は、基本的に日本人』というごく初歩的な知識があれば、絶対にこんな… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線