メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

京都の「怪紳士」滝西清吉の素顔 №3

編集部  公開日時:2015-06-13

 

滝西との業務委託についてのキリンビール側の回答は?

 手元にある「業務委託契約書」。これはキリンビールの旧京都工場跡地の開発を巡ってのものだ。委託者は当然キリンビールなのだが、その受託者が興味を引く。京都では“有名”な滝西清吉だ(正確にはアール・アイ・エスジャパンで、当時の代表・藤井映児)。業界最大手のキリンビールが、なぜ滝西清吉と契約に至ったのか。そこには知られざる裏事情があったのでは、と推測するのが自然だ。              (敬称略)


「先に言っておきますが、個々の契約については、外部に話すことはできません。なお清瀬はすでに退職しています」(広報部H氏)

 前回報じたキリンビールと滝西清吉との間で結ばれた業務委託契約について、質したことについてのキリン側の回答だ。清瀬(義昭)とはキリン側の委託者で、当時の執行役員・不動産部長だ。

弊サイトでは、コン… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線